Saturday, August 15, 2009

Actors playing surgeons (外科医を演じている俳優)

I see a lot of dramas, Asian and American, in which actors are playing doctors or surgeons. One thing I hate is when an actor does not hold the instruments correctly. I see this most often when they are supposed to be suturing a wound. It is not very convincing. So I took a picture to help out.

The needle forceps (left side of the photo) are used to guide the needles through the tissue. Hold the needle forceps with your thumb through the top loop and your ring finger (4th finger) through the bottom loop. Place your index finger (2nd finger) on or near the fulcrum to guide and stabilize your instrument when placing sutures.

In the picture above I am also holding a pair of scissors (pointing back towards my wrist) to cut the sutures. But this is just a personal preference of mine to save time. I can quickly switch between the two instruments when I have to throw a lot of interrupted sutures. I learned this when I worked at a veterinary hospital and used it in graduate school.



私は俳優が医者か外科医を演じている多くの戯曲を、アジアおよびアメリカ見る。 私が憎む1つの事は俳優が器械を正しく握らないときである。 私は彼らが傷を縫合するために仮定されるときこれを最も頻繁に見る。 それは非常に説得力をこめてではない。 従って私は助けるために私の実験室の映像を撮った。

針の鉗子 (写真の左側) がティッシュを通して針を導くのに使用されている。 最下のループを通して上のループおよびあなたの薬指(第4指)を通してあなたの親指を搭載する針の鉗子を握りなさい。 縫合線を置いた場合あなたの器械を導き、安定させるために支店にあなたの人差し指(第2指)を置きなさい。

上記の映像で私はまた縫合線を切るためにはさみを (私の手首の方に指す) 握っている。 しかしこれは時間を節約する私の物のちょうど個人の好みである。 私は2つの器械の間で私が多くの中断した縫合線を投げなければならないときすぐに転換してもいい。 私は私が獣医の病院で働き、大学院でそれを使用したときにこれを学んだ。

- Just a peasant
Photo of my right hand and a couple of not so shiny instruments. 私の右手および幾つかのそう光沢があるない器械の写真。